イケない女教師 ホテヘル(姉系/梅田・北新地)

電話:06-6315-0051 営業時間:受付9時30分~翌5時 お問合せは「ヘブン見た」で!

投稿!! 写メ日記

9月

本日もお疲れ様でした♪


今日はチャリ男子に
笑わせて貰った始まりで…笑


初めましてくんとの出会い
編みタイツ変態男子とまた会えて


嬉しい1日があっと言う間で
サムライJAPAN爆笑できて
楽しすぎました♪♪
本当にありがとうございます
(((o(*゚▽゚*)o)))♥️


エロいカラダを癒してね❤︎

ひくひくと物欲しげな粘膜を
ぬめる指先でくすぐる
「ん。。。、ん」
鼻にかかった甘えたような声が漏れる
ぬぐっと中に指先を潜りこませると
中はまるで誘っているみたいに熱く
ほどよく指をしめつけてくる
手の甲を噛み声をこらえる君は
熱っぽい目で私を見つめている
私は高ぶる気持ちをこらえ
君のそこを丁寧に慣らした
中から指を引き抜き
男性器を模した玩具をそこへ押し付ける
先端を潜りこませると君は
細かく息を吐き
ずるずると中へ入り込むごとに
喉をそらせた
足を開かされて貫かれている君の姿は
ひどく淫猥に見えた
君の両足を抱え上げて何度も揺さぶる
浅く小刻みに
ゆっくり腰を引き深く突き上げる
熱く収縮する粘膜を犯され揺さぶられ
熱く硬くなるしこりを刺激され
女性のように感じて乱れる君を
妄想しつつ本日も
お待ちしております~~

 
 
 
 
 
 
 
 
今日から
 
3日間お休み頂いてます…
 
 
次回、出勤日が
 
HPに載ってないみたいなので…
 
日記にて
 
お伝えします…
 
 
金曜日
16時〜22時
 
土曜日
16時〜22時
 
日曜日
15時〜21時
 
の出勤予定と
 
なってます…
 
 
 
 
 
 
 
 
宜しくお願い致します…
 
 
 
 
 

無駄に、桔梗です🖤

これ、バリ土産で友達に頂いたヘアトリートメントなんですが、すげーのʕʘ‿ʘʔ!!!


めっちゃツヤサラになりました!

桔梗の黒髪には艶サラは必須なので最高です💜
日本から桔梗は出れないので、バリ出張がある桔梗組いたらかわりに買ってきて!笑



出張でバリ島ってどんな企業だろ?www

頑なに声を殺し
感じまいと必死になっている
けれど、私の指先に嬲られくすぐられ
ぞわぞわと感度が上がる肌に
漏れる息が次第に荒くなる
太ももの裏をすくって持ち上げると
否応無しに上を向いたペニスが
君自身の顔のすぐ前に向かうことになる
「ほら見て。自分のいやらしい所が
どうなっているか」
君は目を開こうとしなかったけれど
自身のそれがどういう状態になっているかは
痛い程分かっているはず
君の体を折りたたむように縛り
嬲りやすくなった後ろの蕾を
私は舐めるように見つめた
「やだっ、そんな所見ないで。。。っ」
蕾をぬめりを纏った指で何度も撫でると
次第にほころんでいく
卑猥にひくつくその様子を
君にも見せてあげたいと思った
体と心がその先の快楽を求めるまで
何度もオモチャにしたい
君の淫らな本性を妄想しつつ
今日も可愛い君との情事を
楽しみにお待ちしております~~

「嫌って君は言ったけど、ここはまだ
こんなになっちゃってるよ」
囁きながら私は君の屹立している
性器の先を指でつついた
その微かな刺激にすら
彼は大きく背をしならせる
指の腹と鈴口との間に糸が引くほど
そこはねっとりと濡れている
「ここも、こんなに尖らせて」
腰を支えていた手を胸に伸ばし
これ以上ないくらいに固くなった乳首を
親指と人差し指でつまみあげる
からかうように引っ張って揺すったら
君は辛そうに眉を寄せた
「ん、んン。。。ッ」
繋がったままのペニスバンドが
また締め付けられる
きっと君も自覚しているはず
「そんなに締め付けないでよ」
嬉しそうにそう言うと
君は「だって。。。」と小さく呟いた
とても恥ずかしそうに
恥じらいながらも高まる感度
染める頬と可愛い仕草に
欲望が昂ぶってしまう
そんな可愛い君との妄想をしつつ
珍しく月曜日、お待ちしております~~

今日も桔梗組ありがとうございました🖤

ずっと笑ってた気がするwwすみませんm(_ _)m笑

新しくオリンピック競技になった【飛距離】代表を決める大会は年中無休で行われてるので皆様お気軽に参加してくださいね(*´ー`*)
桔梗の指差しで測定ですがwww


さらば!

敏感な乳首を刺激すると
連動するように
君の媚肉が男性器を模したオモチャを
締め付ける
女の子のように感じる乳首を
からかうように揶揄すると
可愛いらしく「だって。。。」と
目元を伏せて呟く君
「だって、なに?乳首が感じるから
仕方ないの?」
「ちが。。。っ」
君は声を荒げたけど
乳輪をぬるりとなぞったとたんに
言葉は飲み込まれた
「好きだよね、ここ」
片側の乳首を優しくさするだけで
君は他愛なく息を乱している
「やらしい顔しちゃってるよ」
囁き、私は君の淫液で濡れそぼる
そこをもう片方の手で撫で上げる
ぬめって滑るのを捕まえて
過敏な先端をこね回すと
君は大きな声を上げて体を
引きつらせた
「アッ、あぁ、ンっ」
「ぬるぬるして気持ちがいいでしょ」
感度が高まる体から溢れる
汗と淫液
どんなに否定の言葉を吐いても
快楽に落とし追い詰めてあげる
そんな可愛い君との情事を
妄想しつつ本日もお待ちしております~

吐き出す息が妙に熱く湿ってくる
君の胸の小さな突起を
執拗に思えるほど嬲る
強く柔らかく強弱をつけて揉み
他のところより
柔らかく敏感なところを
指の腹で何度も擦り上げ
自然と硬く尖ってしまった
それを口に含んで弄ぶ
舌先でつつかれ
ねちっこい音を立てながら
ねぶられ強く吸われると
堪えきれず
甘えたような声が漏れた
濃厚な淫虐と愛撫に
戸惑う表情
ねだるように浮き上がる腰
震える背中
君のはしたない可愛い姿を
今日も妄想の中でいたぶりつつ
お待ちしております~~

×
ネット予約する
×
チャット