キープ可能件数を超えています。
TOP
  • 女の子
  • お店
  • 女の子
  • お店

現在のお店

キープする

現在の女の子

キープする

美織 〔54歳〕     上品なマダム マイアルバムに登録

<< 2018年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
11月

こんにちわ

11/13 12:15


お昼召し上がっていますか?

私は今日はまつ毛のメンテナンスに
行ってきます

また 次の出勤を本日出しました


15日 木曜日です

13時から18時受付です

遊びに来てくださいね♡

みおり(*˘︶˘*).。.:*♡

追伸

youtubeが好きでよく見るんですけど
花嫁の父が歌う 中島みゆきの「糸」!
これ 凄い 感動します

ウルウル(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

みおりでーす


写真は今回撮って頂いた中の一枚

笑っているものは少なく

「奇跡の一枚だ!」( ✌️`◟ 、) ✌️いえー

そして 前回よりあいてしまいたしたが

話しの続きでございます


お付き合いくださいませ^_^


なぜ劣等感を持ってしまったか?

それも親から与えられたもの?

というところまできました

先ず 親というのも非常に未熟な魂だそうです

その未熟な魂で子供を育てます

「わたしもそうだった!」

けど 子供は親が未熟だとわかりません

だって子供にとったら親は絶対ですからね

だから 親から言われことは信じてしまいますし そうすると子供は自分が未熟なんだと思ってしまうそうです

そしてこの未熟な親も劣等感があり
自分のコンプレックスを子供で晴らそうと
してしまいます

皆さんの中にも記憶ありませんか?

例えば

成績が下がってしまった時に言われた一言

「あーあさがっちゃったね」とか

がっかりされた顔とか

習いごとが続かなかった時

「最後まで続けてほしいのよ!」

「お母さんは内職してでも月謝出すから
ね」

なーんて


子供はもう自分に向かないということが
わかっているし

成績だって下がる事もあるのに


親は自分のコンプレックスを子供で晴らそうとしてしまいます

あれはダメ

これもいけない

そっちは危ない

なーんて

これこそが この子の為だという 巧妙な手法であり

愛という名の暴力だそうです

こんな手法をとられた子供は だんだんに

自分は未熟なんだ

自分は何をしても続かないんだ

自分は価値がないんだ

と 劣等感を持ってしまうそうです


怖いですね

今だったらね

「じゃあ お母さんは何かつづいたんです
か!」

なーんて言えるけど (笑

大人のいう事は全部正しいと思ってたからね

はじめに言葉ありき って書きましたけど

人に劣等感を与えるような事はいったら

いけないよね


何気なく言われた親の一言

がっかりした顔

これらが 劣等感になり大人になっても
づーっと引きずってしまい
何かある毎に思い出させて
イヤーな気持ちにさせるのです



子供ってさ 神にちかいんですよ

親ががっかりした顔しただけで傷つくの

飴細工みたいガラス細工みたいに

ピンとやったら割れちゃう

ウソつけないの!


(ここ重要)

そしてね 私たちはみんな未熟な親を選んで生まれてきました

そして この劣等感をなくす やめる!ということが 今世の修行だそうです

劣等感を持ったままでは幸せにはなれない
そうです

また 劣等感のある人は 人に認められようと 努力いっぱいするけど

やめなさい!

あなたのことは神様が認めていているそうです

神さまが認めているから あなたがこの地球に生まれてきたし

周りが何言っても関係ない!


私のことは 神が認めているんだ!
そう思えばいいそうです


私もね 真面目な事書いてますけど

大した事ないの 未熟な魂なの

コンプレックスもあるけど

「あ〜神様が認めてくれているんだ」


と思うとすごーく気がらくになります


だって 今の自分を生きるって一度だけ
ですものね!

ちっぽけな劣等感なんてさっさと捨てましょう

そして 自分を尊重し尊敬して生きる

だって こんな大したことない私だって

結婚して子供育てたし

ちゃんと生きてる (笑笑


もちろん あなたのことも

尊重してるし尊敬してます♡


また 長くなりました


お尻です

ライン見えます?

実はね今日はちょっとHな下着だったのよ

仕事には始めて着けてきました

どれどれ




以前 撮影して頂いたのが残ってた

私のこと(真面目)だと思っていた

お客様は そのギャップに喜んで

下さいました (笑笑!


乱れましたわ


今日も無事に目が覚めました (笑笑


こうペンちゃんは


やはり これでしょう


そして 貴方に





一日雨かな?

気をつけて行ってらっしゃい♡


はーい みおりです

最近のブログに思わぬ反響を頂きまして

自分でも驚いております

前回も書きましたが

人は何度も生まれ変わるとか

人生って修行なんだってさ!

じゃぁ修行ってなーに?てなるんだけど

そのひとつに劣等感を克服するということがあり克服すると幸せになれるよ!と

そんな 話しの続きです!


劣等感? そんなもんあるんかい

イヤイヤ あるらしいですよ


前回も書きましたが 私もあります

いや?今はだいぶ無くなりましたと言って
おきます


私の家には 実は「斎藤一人さん」という
方の本がたくさんあります

この方がこの「劣等感」ということに
ついて書いおりますので
抜粋したり 自分に置き換えたりして
進めていきますのでよろしくお付き合い
くださいね!


いきなり 劣等感て言われても何の事か

分からないし 自分が劣等感を持ってる

とは思ってないですよね?

ほとんどの人が気がついていないそうです

じゃぁ 誰がこの劣等感を与えたの?

一番は 親だそうです

そして親の方も劣等感を与えたと思って

いない

両方が気付いていないから人は苦しむ

そうです


怖いですね!

親の与えるこの劣等感の手口とは

とても巧妙で この本の中では

「愛という名の暴力」

だと言われおります

もちろん 私も親です

この本を読んで 大いに反省しました


また 親の未熟さもよーく分かりましたし

自分を認めて 尊重し尊敬することの

大切さを知りました


またまた 長くなりますので

だんだんと進めて行きたいと思います


どうぞ お付き合いくださいね






( ˘ ³˘)❤

11/8 11:49


難しい話は後にして

本日も元気に出勤致します

それでね 今日のこうペンちゃんは



さあ あなた様に 身をまかせますわ♡


ついでに


ちょっと変なタイトルですが

気にしないでくださいね

ブログの中で人は何度も生まれ変わるとか

人生って魂の修行なんだって?

なーんて書きました

親も選んで生まれてくるよ?

なーんて書きました

そのね 魂の修行の中に 劣等感の克服!

というものがあるそうなんです


「え!そんなもんないよ!」という人

羨ましい♡


私も「ある ある」

そんな人もいる?

私なんか 劣等感とかコンプレックスの

塊でっせ (笑笑

では どうして劣等感を持ってしまったのか?


この 劣等感の始まりは 自分には責任が

無くて(責任が無いんです)


根拠のない思いこみからきているらしいのです


だんだんと書いてみたいと思いますので

今日はここまで


本日もありがとうございました


「あ〜生きていること 生かされている
ことに感謝!」








こんにちは みおりです♡

先日から娘が泊まりに来ておりました

今日 帰るそうです

「次はいつ会える」

「お正月かな?」

「じゃぁね ママも頑張るから」

そんな 朝の会話


私の言った 「頑張る」は それぞれ

独り立ちした娘達から離れて

「ちょっと さみしい〜」というものが

含まれてるよ


最近 LINEのスタンプで

可愛いペンギンが肯定してくれる

「こうペンちゃん」スタンプが人気だと

聞きました


と こんな感じで褒めてくれます

なんだか 癒されません

だからね 今日はこのこうペンちゃんの

ように 自分を褒めながら出勤して

おります

「私て偉いよな〜」

「一人でもよく頑張ってるよ〜」

「未熟なお母さんなのに 偉い!」

なんてね え!可笑しい?

でもね 可笑しい?とか ヘンとか
思われても いいの

自分のことを認めるって すごーい
大事なことらいしですよ

私も子供たちの事を

尊重して尊敬してます

そして 貴方の事も尊重して尊敬してます

あら もうすぐ大宮だわ

少し早めに出て来たの♡



あまりの大きさに

ボケーっと立っております (笑笑


善光寺さんでは 胎内めぐりもしました


胎内めぐり?

ご存知の方いらっしゃいますか

私も以前来た時にはじめて体験しました

とにかく 真っ暗

光の無い世界です


撮影禁止なので 画像をお借りしましたが

ここから階段を下ります

壁を伝い恐る恐る暗闇を進み明かりのある

出口を目指すわけです


胎内めぐりのご利益ですが

どんなに暗闇の中でもそれに打ち勝つ
力と どんな問題や困難にも 勇気を持って
打ち勝つ精神力がつく

こんな感じでしょうか


でも あの闇の世界は絶対経験できませんよ!



そして お昼はもちろんお蕎麦を頂き


最後はお目当てのりんごちゃん


大きなりんごが取れたとさ (笑笑


行ってきました

久しぶりにハンドルを握り長野に!

右を見ても左を見ても 紅葉!


やっぱり 秋だわ!

そして 先ずは善光寺さんに

以前に来た時

「もう一度来れますように…」と

思っていたのね


さあこの石畳みを上がれば



善光寺さん





  1 | 2   2018年10月へ >>