グランドオペラ東京 デリヘル(高級/渋谷)

電話:03-3505-5539 営業時間:10時~翌3時 お問合せは「ヘブン見た」で!

詩音璃(しおり)〔26歳〕     全てを兼ね揃えた美女 投稿!!写メ日記 動画

違反画像を通報する


プロフィール

名前 詩音璃(しおり)
年齢 26歳
3サイズ T167 ・ 87 (E) ・ 58 ・ 90

出勤情報

  • 8/24(木)
  • 8/25(金)
    10:30
    -
    3:00
  • 8/26(土)
    10:00
    -
    3:00
  • 8/27(日)
    10:00
    -
    15:00
  • 8/28(月)
  • 8/29(火)
  • 8/30(水)

投稿!!写メ日記

動画

セールスポイント

性格
  • 明るい
  • 癒し系
  • 甘えん坊
  • 人懐っこい
  • エロい
  • 空気を読む
個性
  • 巨乳
  • 美乳
  • 美脚
  • モデル系

女の子に質問

チャームポイントは?
似ている芸能人は?
??
前職は?
特殊なお仕事
趣味は?
観劇、素敵なお店探し
あなたは責派or受派?
両方
あなたの性感帯は?
背中から腰にかけて
好きなタイプは?
紳士な方

店長からのコメント

※こちらの女性は【インペリアルボックス】でのご案内となります。

まさにレジェンド脅威のリピート指名率リピート指名数、レジェンドレディ奇跡の復帰です。
当店のコンセプトに見事に合致したお嬢様『詩音璃(しおり)』さん復帰しました。
グランドオペラ史上最大、最高級のレディの復帰でございます。容姿、性格共に素晴らしく、清楚で品のある女性でございます。
お客さまの期待を超える女性と断言致します。

品性あふれる、そのかぐわしさは世の男性が憧れ続けて来た日本人誰しもが描く美人像。肩に落ちる髪は風になびく度にほのかに香り、貴方の鼻腔を柔らかに刺激することでしょう。焦がれるほどにくるおしい純白の素肌、神秘的な雰囲気さえ漂わせている漆黒の大きな瞳、高く通った鼻すじ、白く輝く美しい肌とふんわりとした髪に包まれた愛くるしい小顔、シャープな輪郭に縁取られた端正なお顔立ち、その和やかな雰囲気は筆舌につくすことはできません。
まるで白百合の花びらにとまる蝶のように見る者をなごませてくれる素敵な絶対的な美女の描写といえます。

息を呑むほど芸術的なプロポーションは、見事なスレンダーラインに女性らしい芸術的なウエストのくびれ、その華奢なイメージを覆すような形の良いバスト、そして何よりも手入れの行き届いた透き通るように潤いを湛え、それに相反するように純白の柔肌はシルクの如く滑らかで真っ白な胸元は素材をさらに引き立たせ、深いため息を呼び起こします。
一縷の無駄も感じられない程美しく、ミステリアスでこ惑的なオーラを解き放っております。
その磨き上げられた容姿に伴い、洗練された立ち振る舞いからは優美な雰囲気を漂わせます。
引き寄せられるような大人の色気と癒しを感じさせる何気ない仕草、上品さと華やかな色香を漂わせ、周囲のかたがたきを惹きつける淑女らしいアピアランスは最上級の証で御座います。

思わず引き込まれてしまう柔らかな笑顔と、明るく包み込むようなオーラを持つ彼女。
その抜群の容姿に加え、立ち振る舞いも美しく内面から内面から溢れ出る優しさ、しとやかで理知的な佇まい・・
誰もが彼女の魅力に引き込まれること間違いありません。女性としての可憐な佇まいが身を包み、おっとりとした性格は、貴方様の隣にそっと腰をおろし、恋を予感させるかのようなその柔らかな美声で甘いひと時を演出いたします。

何をとってもクオリティーの高さを感じる彼女。
常に女性の美を追求されている彼女が辿り着いた「極上の美」をご自身の肌で感じます。
常日頃から美意識を高く持ち、継続するための努力を惜しまず、エレガントかつキュートな装い。お育ちの良さが、そこかしこに感じられ、優しく誠実なお人柄は、愛おしさを感じずにはいられません。
彼女の真っ白で透明な肌はまるでヨーロッパで一番美しいビーチ、ミルトスのように澄んだ透明な海と白い砂浜を彷彿させ、彼女と過ごす時間はビーチからの絶景を眺めるように最高のリラクゼーションを感じていただけます。

老若男女を問わずに引き込まれてしまう彼女の好感度は持って生まれた「華」を感じさせます。
たおやかな身のこなしは凛然とした気品に満ち溢れ、日本女性特有の儚さにもにた美しさを纏う、つつましい人に優しくされると嬉しいように、私も人に優しくあり続けたい・・。
という彼女の言葉には、純粋でひたむきな愛情を感じずにはいられません。
彼女が奏でる安らぎのメロディは、貴方の心に響き、幸せをもたらしてくれることでしょう。彼女と過ごす時間が会員様の心に永遠に残ることでしょう。