マダム麗奈 東京 デリヘル(高級/六本木・乃木坂・西麻布)

電話:03-6402-5900 営業時間:14:00~翌5:00 お問合せは「ヘブン見た」で!

投稿!! 写メ日記

<< 2017年11月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
11月

11/26 23:16   マダム麗奈東京

2002年、マダム麗奈の誕生

マダム・クロードに感銘を受け、「性欲の処理の為だけに、女性を買う。」という、悪しき常識を払拭すべく、2002年マダム麗奈は誕生しました。当時、高級店と言う概念自体が無かった日本の上流階級のお客様から大きな反響を呼び、開店直後から電話が鳴り止む事はありませんでした。
今では、数万にも及ぶ会員様より厚い信頼と愛情を頂いております。
その様な中、当店と同じコンセプト・価格帯で出店している他店舗が多数増えてきました。
しかし、この様な他店舗をものともせず、いまだ業界のTOPを走り続けております。
その理由は、「本当の高級店のサービスと女性のクオリティを維持し続けている」
そして、「現実では味わえない『夢』の世界と、心と記憶に残るマダム麗奈の『文化』を堪能してもらう」
この事こそが、マダム麗奈が業界一と言われる由縁なのです。

11/15 00:18   マダム麗奈東京

[しあわせに]女磨きの心得[美しくなる]

女性は、一人一人が美しい花。どんな女性も意識を変えれば、自分の中から美しさがキラキラと湧き出てきます。"内面・外見トータル"で自分を磨いて、あなただけの魅力を開花させましょう。

①頭の先(髪の毛)
髪はツヤが命。髪の毛がツヤツヤしているだけで実年齢よりも若く、好印象に映ります。

②指先(手)
人の目は「動く」ものに集まります。会話中や仕事中、食事中など、さまざまな場所で、手の動きは見られています。マニキュアが剥げているのはNG。爪を整え、指先を清潔にすること。

③足先(靴)
靴の手入れをしましょう。靴は同じものをはき続けるのではなく、1日はいたら次の日は休ませて、別の靴を履くようにしましょう。

自分のためではなく、

相手のために身だしなみを心がける。

その気持ちが、誰からも素敵だと思われる、

美人オーラを作ります。

幸せを運ぶ「言葉」と「話し方」
不平・不満・グチ・悪口は不幸への道

「会話」という行為は、「言葉の種をまいている」ことお同じです。いつも人の心を明るくする前向きなことを言っている人は、美しい花の種をまいているようなもの。反対に、いつも不平・不満・グチ・悪口などのネガティブなことを言ってる人は、唐辛子の種をまいてるようなもの。自分がまく種が自分の環境を作ります。「私の周りは少しもいいことが起きない」という人は、自分が「不幸の種」をまいている可能性が高いのです。

不平・不満を言うのをやめて、周りに笑顔でプラスの言葉を発するように心がけましょう。
「私はこんな悪い環境にいるから幸せになれない」と思うのではなく、あなた自身が「幸せの発信源」になりましょう。

まく種が替われば、環境が変わり、周りから大切にされるようになります。

会話は「花・香水・ハート」を飛ばすイメージで

11/1 05:35   マダム麗奈東京

■夢は、自動的に叶うものではない■

学校では、夢について教えてくれますが
追いかけるための具体的な方法
までは教えてくれません。

「プロ野球選手になりメジャーリーグで活躍する」
夢を描くことは悪いことではありません。
しかし、学校では「じゃあ、夢を実現させるために今どうすればいい。これからどうすればいい」と言っても教えてもらえません。

先生も、1人でたくさんの生徒を抱えていますし、担任になっても1年しか付き合いませんから表面的なところしか述べません。
「夢は描いてもいいけど
後は自分の責任ね」と言っているのです。
具体的にどうすればいいのか、長期的に応援してくれる先生はとても少ないものです。
自分にしか分からないことです。

自分が努力しなければならないことですから、先生はその話題には触れないのです。
追いかける方法は自分で見つけ、自分が努力をするしかありません。
「頼りは自分一人」というわけです。

子供のころは親に頼り、先生に頼り、学校に頼り、頼ってばかりの生活です。
学校も毎日通い、無難に勉学をこなしていけば、幼稚園から小学校、小学校から中学校、中学校から高校と自動的に上っていけます。
子供たちは誰かに頼れば、いつか自動的に夢も叶うだろうと思っているのです。
自動的なのは、学校までです。

夢の実現までは、自動的ではなく、自分の力を頼りにしなければならないのです。
こうした子供たちが、大人になって現実を知り、自分で努力しなければならないことに気づいたときには、もう遅い。
夢の実現のためには「自動的」ではなく「自分の力」で積極的に進まなければいけないことを教えてあげなければならないのです。
それも、できるだけ早いうちにです。

夢は自動的ではなく、行動をして叶えるもの。

だから、私は行動する。

夢を叶えるために